ケヤキのTV台~プレーナ掛け+接着

画像


ケヤキの短材を木材市の競りで先輩が落としたものを安く分けていただきプレーナーを掛けました。

随分ほおっておいた材料なのか真っ黒です。手押しでカンナを掛けてどんな表情が出てくるのか楽しみですね…あれ!?結構辺材だぁ~(T_T)白太も多いし…どうしようかなぁ~

取り合えず材料は何とかギリで取れそうです。この材料でどの様にまとめるのかぁ!
ここからはプロとアマチュアの差が出ます。師匠や木工の先輩は「この材料で何作るのぉ~」と思うよ様な材料でも 「なんと言う事でしょう~」 てな感じで綺麗にまとめて来ます。「さすがー」を何回言った事かぁ

                      がんばろぉ!!

画像


接着には2液性の構造用ボンドが風引いていますので、白ボンドとビスケットジョイントを併用しました。ビスケットを使用すると接着の目違いも少なくなるのでグットですが。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック