ケヤキTV台~刻み バンドソー

画像


昨日接着したケヤキの板を今度は刻みます。
所々割れもありますので瞬間接着剤を流しておきます。

意外と?当然?接着によるねじれや目違いも無く上手く接着できていますね。
ん~はやり材料の色はやはり今一つですねぇ~

しかし、天板と下板のサイドを丸く加工して雰囲気と目線を変えられるのではないでしょうかね

画像


今日は次の洗面台などのために古材(米松の柱)をバンドソーで割りました。
結構古いバンドソーですのでいつもドキドキします。迫力も、騒音もありますし…
しかし、昇降盤でカットするよりも数段安全に材料割できますのでgoodですよ。

昇降盤はノコ歯に手を進めていきますので間違えると指を落とす事故も起きますが、
バンドソーは帯鋸が切れても基本的には横に一瞬はじく事になりますが、指を落とすことは基本的に無いですよね。
丸鋸はどんなものでも…怖い!!

                       注意!注意!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック