テーマ:家具造り

キッチン組み上げ(仮ですが)

やっとここまでの感じがします^_^;レールをまず帆立に付けていきます。結構時間がかかって結局納めることも含めて1日がかりとなってしまいました。 今回の貫も“見付け板選抜選に漏れた古材”を流用しております。あまりにも釘跡が多かったりでとても見える状態では使えないので…使用ですね(@_@) 2間の幅を3分割で造りました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桐引き出しの仕上げ

昨日組んだ桐引き出しの仕上げをします。釘穴を事前に用意しておいたラミン丸棒6ミリで穴埋めです。これで釘穴も目立たなくなりますが、今回は下穴が浅すぎて小刀で削る手間が増えてしまいました。 側板、前後板の目違いもとります。この鉋は杉シラタや桐材用に角度を浅くしてもらいオーダーしました。シラタや桐は鉋が切れないと引きずってしまいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチン:桐引き出しの刻み

昨日出来なかったキッチンの桐引き出しの刻みに入りました。事前に桐板の刻み方を決めておいて入りましのでスムーズに…素人の悲しさか~な??  午前中に床屋、掃除をしたりして時間が少なくなったとしても、プロなら1日で次の日に組める所まで持ってくると思いますが…残念!! 2間の長さのキッチンで奥行き600の引き出しを13杯ですね(^.^)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帆立の墨付・貫完成…後は組むだけ(^^♪

ここ最近時間が取れてませんので牛歩状態です(@_@)今日も2時間ほどの作業時間です。 残っていた帆立の墨付け(レール位置決め)をし、貫の帆立との絡み先日カキトリしてあるので、帆立と共にダボ穴やビス穴を空けました。後は組むだけのところまで来ました。 明日か明後日から桐の箱作りに入ります。→それとも建築現場の造り付け用の棚板の製作に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチン帆立&貫

今日は天気も良いのでスタッドレスタイヤを交換したりでほとんど作業時間が取れず、今日までの作業報告です。 キッチン帆立の刻みが終わり、貫も揃いました。後は帆立に羽目込むように貫のカキトリに入ります。これが終わると、帆立にレール位置の墨付けをして、組み立てます。その後に引き出しの作製に入っていくことになります。今月半ばまでには進みたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日もキッチン見付板選抜 vol.2

先日に続き、今日もキッチン見付板の選抜をしました。仕上がり厚み近くまでプレーナーを掛け、表情を見ながら適材適所を分けました。 が、また今日も釘が2本(T_T)プレーナーの歯が見事に欠けてしまい…残念!! 後、作業日数10日くらいで完成すると思いますが…どうでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチンの見付け板選抜戦!!

キッチン用の帆立を刻んで仕上げサイズにしましたが、貫材がなかなか決まらないので先に見付け材を決めて、その残りで貫類を使うことにしました。 手押しをかけていたら・・・(T_T)釘が出てきた~手押しの歯が欠けてしまいました~(>_<) さびている釘は発見が難しくてバンドで割っている時も泣かされましたが… ある程度選抜で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチンの帆立製作

今日は作業時間が2時間しか取れませんでした。 キッチンの帆立9枚の加工です。 18ミリのランバー材にキッチン鏡板用の柱古材を接いでおきましたので その目違いをトリマー・ルーターで取りました。 今日はここまでですが、抜きに使う材で悩んでおります。 材を無駄に使いたくないので、建具用の杉材の端材のシラタを接ぎあわせて使用しよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業台の完成!!\(~o~)/

まだ天板のステンレスを発注していなく完全完成ではありませんが、一区切り。 キッチンの作業台が完成しました(^v^) 引き出しは5段、深さは130、130、80、80、180となり、鏡板はデザインから4つに見えるようにしました。サイズは奥行き600、幅950の引き出しです。主に食器類を収納予定です。 かなりの量が収納できると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業台&食器収納の材料塗装

先日バンドで割った材料を今日は塗装しました。 意外と柾目で取ったらきれいで、ところどころの釘跡が無ければ気づかないのでは・・・古材とは
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椅子造り、本日は塗装

地松の材料を刻み終わりました。今日はオイル塗装してみました。テーブル類と異なる塗装“チークオイル”を塗装して見ました。塗装途中でオイルを空けてしまい工房は臭くてたまりません・・・最悪です(@_@;)椅子の座面は桐を使いました。これはリクエストによるものです。 明らかに他の材と違い、座布団があると思えるほどの快適さです。(^v^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてのいす造り

先日造ったダイニングテーブルに合わせて普段使いの椅子を作ってみます。 予備用に丸いすも2脚作ってみようかと・・・(^v^) 取りあえず、ホゾ造りなど・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古材の柱をバンド割り・・・作業台&食器収納へ

今日は古材の柱をバンドで割りました。これでキッチンの背中側に作業台&食器収納を作る予定です。 釘をしっかり抜いた予定ですが・・・出てきますね少しずつ。バンドや丸ノコの歯に当たらないように・・・^_^; バンドの歯がいつもより幅せまの16ミリを付けています。いつもは50ミリ幅を使ってますが、地松のヤニでコテコテニなってしまい研ぎ出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっとテーブルとベンチの足組みました

 先日塗装したテーブル、ベンチの足部材を組みました。針葉樹ですのでいつものように白ボンドにて接着です。  ちょっとホゾがきつかったのか非常~に組みにくく割れてしまうのか心配しながら組みました。 3時間ほどかかりました。仕事でやっていたら・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テーブル、ベンチの足を塗装

 テーブル、ベンチの足を塗装しました。購入したオイルボトルギリギリでなんとか全てを塗装が完了。結構材料に塗料が吸い込み思っていた以上に伸びませんでした。  これで次回は組み立てです。テーブルとベンチの完成です。    何日か経つとやはりオイルのおかげでよい色と硬さになっていました。松はオイル仕上げが良いのかと思います。テーブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボルト接ぎの穴埋め+オイル塗装

 ボルト接ぎの穴埋めをしました。そのままでも良いとの意見もありますが・・・やはり綺麗に収めたいので以前造っておいた杉の丸棒で埋めました。 今回は塗装をいつもと変更しました。材料が松ですので色の経年変化を楽しめるようにオイル仕上げにしました。そのオイルを始めて使う「リベロ・フィニッシングオイル」です。桐油を使っていてアルコールなど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボルト接ぎ!! ダイニングテーブル天板~耳付5枚板接ぎ…

 先日厚みをきめた材料を、手押し鉋をかけてはぎ合わせる作業をしました。5枚の板をはぎ合わせるのですが、両サイドに耳付で仕上げるためにポニークランプによる接着固定は出来ないので、ボルトとビスケットによる接ぎあわせをしました。  普通に接ぐよりも準備に結構時間がかかり、手押しをかけてから4時間ほどたってやっと板接ぎを始めました。ボンドは構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は材料の厚さ決め…

 今日は昼から4時間ほど時間があったのでダイニングテーブル用の地松の厚さ決めをしました。天板は長さ2600のままで手押しをかけて(基準面を決める)からプレーナー(自動鉋)をかけましたが、一皮剥けるとやはり綺麗です。仕上げにオイルを塗るときっと綺麗になると思います。松ですので油分も多く、時間と共に飴色に変わっていくのでしょうね・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドソーで材料取り…古材再利用

 先日のダイニングテーブル用の材料をバンドソーで余分なところ(耳)を省きながら整理していきます。ここをキッチリ最終的な形をイメージしながら落としていきます。  集塵機とバンドソーで結構な音がしますが、住宅地ですので防音、遮音、断熱処置がしてある工房にエアコン完備で暖かにしながら閉め切っての作業ですので、ほとんど近所の音漏れはありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古材→ダイニングテーブルへ

   今日は少しの作業時間しかありませんが、材料の選別をしました。大きな材料から使用したいので、ダイニングテーブルから材料取りを計画しました。  予定サイズは、長さ2200、幅800、厚45、高さ700です。椅子は長さ1500のベンチを2脚と、一人掛けの小さな背もたれ付を2脚の予定です。これで最大10人用のテーブルとなります。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古材、工房に来る!!

 柱や梁の釘ヌキをして、屋根裏の地松梁は製材所で50ミリの厚さで割ってもらいました。  釘を抜くのに丸1日かかり、いざやってみると見た目より結構ありました。最初はこんな材料はどこまで使えるのかなと思っていましたが、釘を抜き終わって見るとかなりの材料の量で造るのが楽しみになってきました。  地松梁は細く、割れも入っていたので使える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古材!!この材料から何造ろうか??

 前日解体した両親の家の古材です。解体屋さんにお任せでして、一軒でこれだけしか取れませんでした。重機で丁寧に解体した割りには木材の痛みがあり、量も少ないですね。  この中で、梁(米松)は半分にバンドソーで割って取りあえずダイニングテーブルに、そしてキッチンの作業台とキッチンそのものに使えないか考え中です。あと、2階屋根裏に使っていた丸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お値打ち堀コタツ天板!

 掘りコタツテーブルを頼まれたのですが、立替の仮家屋のため一時的な使用ですので「天板は合板でも…」と依頼がありましたが、安くは作りますがあからさまの合板で、横から見ると積層が丸見えではちょっとね…  で、今回は急ぎでしたので、ラワンランバー24ミリを用意、1700×800のサイズで回りにタモ集成の端材を止め加工で化粧してみました。着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の一番好きな木工機械は…

 自分の工房が出来る少し前から木工機械(中古)を探しておりまして、この『軸傾斜横切り』は必ず手に入れたい一品でした。以前から付き合いのある機械屋さんでは中古品が入荷せず、何件か探してやっと出会えることが出来ました。結局ここの機械屋さんですべてもの木工機械を購入しました。昇降盤、手押し、プレーナー、バンドソー、集塵機、角のみ、ボール版……
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鏡台鏡の再利用による洗面台

 幅一間の自宅洗面台ですが、妻が嫁入りの時に持ってきた鏡台が新しい家に置くスペースがなく鏡だけでも利用してみました。  鏡台の下の部分は工房の物入れに再利用し、鏡の枠などを外して、新たに下のボックスと同じ材料の天竜杉で枠を作りました。残っている半端な材料でですが…  鏡が自然に丸いので、鏡を注文するよりも安く、形が面白いので再利用…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古材利用:7寸東濃ヒノキの大黒柱利用

 知り合いの建築屋さんが自宅兼事務所を建築した時、今まで住んでいた家を当然のように潰しました。20年ほど前に親御さんが、一時家具屋さんに勤めていたこともあり良質な無垢材たっぷり使い建てられた良質の家でした。「とても潰すにはもったいないのでいくつか材料を残して家具にしませんか?」と、話していましたが、なかなか解っていただけず大黒柱のみご…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

木のお風呂はいかが??

 木のお風呂って憧れますよねぇ・・・でも造っても水漏れするのでは・・・  なんて思っていたら、ログハウスを自宅として建築した人から「デッキに外用のお風呂がほしいなぁ~」なんと、チャンス!! 師匠に教えてもらいながら造って見ました。  材料は枕木用の米ヒバ。なぜか倉庫に随分寝かしてあったものを一山で安く分けてもらいました。枕木用で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一番好きな作品

 やはり自宅のキッチンかな?杉で造ったのですが、和っぽくなりすぎずスッキリとした感じを出して見ました。取っ手は妻の好み(カントリー好き)で陶の取っ手となりました。  キッチン収納は全てレール(HAFELE製・耐過重35㌔)付き引き出しで、奥行500㍉から600㍉です。箱を造っておいて、天板のステンレスはステンレス加工屋さんに発注し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more